クリーニング工場のアルバイト

クリーニング工場のアルバイト募集の記事を見たけれど、クリーニング工場って何をする所なのか。そもそもクリーニングって、どうやってするのか。

 

クリーニング工場をチェック

 

身近であって、実は謎の多いクリーニング業。
その仕組みまでちょっと詳しくなりそうなクリーニング工場のアルバイトについて調べてみました。

 

■職種 クリーニング工場 軽作業 ←ここに注目
なにげなく読み落としそうなこの“軽作業”の文字ですが、このアルバイト、実はここにかなり重要なポイントがあるんです。

 

主にクリーニングの流れとしては、
衣服の仕訳→洗濯→専用の機械でのアイロンや仕上げ作業→検品→完成
となります。

 

このアイロンでの作業では、襟は〇秒 袖は〇秒といった規定が有り、秒単位の正確な時間での作業を、スピーディに仕上げていかなければなりません。
しかも作業をする施設によっては夏場40度を超えることもあり、相対的に見ても結構な重労働と言えます。
軽作業という文字を見て甘く見ていると、大変な苦労をすることになるので、注意しましょう!

 

■何をクリーニングする工場かもポイント

 

実はクリーニング工場は、
・家庭で預かった衣服などをクリーニングするホームクリーニング
・ホテルや病院などのリネン寝具を扱っているリネンサプライ
この2つに分けられます。

 

クリーニングを行う基本的な流れは同じですが、リネンサプライではシーツやタオルといった形が単純なものが多いので、細かなアイロンがけはなく、機械でのオートメーション化が進んでいます。
その為、ホームクリーニングよりも細かい技術を求められることが少ないかも知れません。

 

■求められる人材
仕事内容は慣れてくれば単純なものなので、その単純作業をどれだけ正確にスピーディにこなせるのか、ということがこの仕事のポイントになってきます。
その為、早い作業が苦手な人、不器用だと自覚がある人、同じ作業だとダラけてしまう人、暑さがどうしても苦手という人には向いていません。
テキパキと作業するのが好きで、「今日は〜時間で〜枚仕上げるぞ!」いったような目標が前向きに定められる人が向いている仕事だと言えます。

 

クリーニング工場をチェック

コチラでもアルバイトを紹介しています。