看護師のアルバイト

看護師のアルバイトは、もちろん看護師の資格が無ければすることができず、その具体的な仕事の内容は、アルバイトでも正社員でも大体は同じです。
今日は正社員ではなくアルバイトとして看護師の仕事をした場合、どのような働き方になるのかをご紹介したいと思います。

看護師のアルバイト情報

 

■アルバイトとしての利点
ライフスタイルに合わせた働き方
一番の利点は、自分の好きな日程で好きな時間働くことができるところです。
例えば少ない勤務日数で稼ぎたい場合は、夜勤専従看護師という働き方で週1回〜2回夜だけ働いてガッツリ稼ぐ、なんて方法もできます。

 

子どもが小さく長時間勤務が難しければ、採血のアルバイトで昼の間だけ働くという選択肢もあります。
正社員勤務なら不規則な生活を強いられることも多いですが、アルバイトであれば、自分の好きな働き方をある程度調節することができる利点があります。

 

高い時給で働ける
他の一般的なアルバイトに比べると、かなり高い時給で働けることは間違いないです。それだけ専門的な技術や知識がいるということでもありますが、短時間でも高収入が望める看護師としてのアルバイトはそれだけで魅力だと言えるでしょう。

 

■アルバイトのデメリット
正社員よりも仕事のやりがいを感じ難い
アルバイトなので当たり前ですが、責任のある仕事は正社員がするため、今までバリバリと仕事をこなしてきた人にとっては、アルバイトという働き方は物足りなさを感じる可能性は高いです。

 

また、アルバイトという立場は正社員よりも弱い立場にあるので、自分よりもキャリアの無い人の言うことを聞かなければならない可能性が得ることを分かっておかなければなりません。

 

福利厚生が弱い
中にはきちんとした保険に加入してくれる所もありますが、短時間勤務であればそれらの保証がない場合もあります。働く前にきちんと確認しておく必要があるでしょう。

 

■まとめ
以上が看護師のアルバイトとしての働き方でした。
看護師のアルバイトは、収入面や融通の利きやすい面でもかなり働きやすいアルバイトと言えるでしょう。
せっかく資格があるのなら、ぜひ活用して欲しいです。

 

看護師のアルバイト情報

コチラでもアルバイトを紹介しています。