薬剤師のアルバイト

薬剤師のアルバイトは時給2000円以上のことが多く、大変高収入なバイトと言えるでしょう。
しかし専門的な知識が必要なため、薬剤師の資格保持者でなければできない仕事です。

 

薬剤師のバイト情報

 

■仕事場所
アルバイトの勤務先としては、調剤薬局、又はドラックストアがメインとなっているので、この2つの仕事内容を勤務先別に見ていきたいと思います。

 

■仕事内容
・調剤薬局
処方箋に書かれている内容に不備がないかチェックすると共に、お客様のお薬手帳と見合わせながら重複投与や相互作用の恐れがないか確認します。

 

薬の用意ができたら、どんな薬かという説明や、飲むタイミング、他の薬との飲み合わせについてなど、詳しく説明をします。
パソコンを使い、薬や顧客情報の管理などを行うこともあります。

 

・ドラックストア
調剤薬局が処方箋を必要なのに対し、ドラッグストアでは処方箋の必要がない医薬品、つまり市販薬の取り扱いになります。

 

処方箋が無いので、お客様が医師の判断ではなく自分の判断で薬を選ばなければならず、自分だけで適切な薬を選ぶことが困難な時に薬剤師に相談することになります。

 

つまり主な仕事内容は
◇薬に対する相談に乗り、飲み合わせや注意事項などの説明を行う
◇レジ打ち
だと言えるでしょう。
お客様に適切なアドバイスができるように、お店で扱っている市販薬の基本的な知識が必要になるでしょう。レジでの応対など接客がメインの仕事と言えます。

 

以上が主な勤務先で、この他には病院での勤務、製薬会社での勤務などがあげられます。

 

■まとめ
薬の正しい知識だけではなく、お客様とのコミュニケーションをとることも多い薬剤師の仕事。

 

お客様と顔を合わせる接客業でもあるので、中には理不尽なクレームを言われることもあり、その対応も仕事の一つと言えます。

 

その反面、直接お礼を言われることも多く、お客様の健康に関わることができる、大変やりがいのある仕事といえるでしょう。

薬剤師のバイト情報

コチラでもアルバイトを紹介しています。